検索

2日目

手術終わって、2日目。

これは痛い。表面的に背中からの注射で補われているのに、なんかズドーンとした根底のものと、ちょっと動くと、すぐイテテテとなってしまう。

だけど、わたしとしては一つ発見。

元々の不安障害は全く発出せず、始まる前など至極平静でいられた。わたしが時々おかしくなるあれは、なんでこんな緊急事態に反応してないのか。不思議だ。先生も看護婦さんもとても親切で、そのおかげで落ち着くことができているからかもしれない。


手術の翌日には、立ってちょっとトイレまで歩いてみましょう。それができたら、この管は取れる、あれができたらこの管はとれるみたいな感じで、今繋がってるのはあと二本。


それにしても寝るのが好きでよかった。

95回の閲覧

最新記事

すべて表示

すばらしき世界

西川美和監督の「すばらしき世界」を観る。 久しぶりの映画館。 じわっ〜と余韻が鳴り続ける。 実在した男の人の人生。 人生の半分を刑務所で過ごした人が いい歳になって 出所後に社会ではみ出さないように もがいている様子が、 切なく、あたたかく、痛くて、重い いろんな感情がどわーっとなった。 その人を支えようとしたというか 本当に向き合おうとした人たちがいてくれたことが 本当に良かった。 その中で男に

2月半ばになりました

傷が開いて二週間。 原因はおそらく 腹膜を縫った一ヶ月くらいで溶ける糸の 最後のコブとそのぴょんと出た2本の糸の先に 反応してくっつかないのだろうと。 それで、先週、少し肉が上がってきて コブを切ると言っている えー麻酔なしで、いま!と思うや否や 先生が糸しか切りませんから、と二回言った。 看護婦さんが肩に手を置く。 傷口担当の看護婦さんと先生、 3回くらいぶちっといった。 肉も切ったんじゃないか

地球星人

村田沙耶香さんの「地球星人」読了。 コンビニ人間、消滅世界、殺人出産。 いつも、共感とも違う でも 心のどこかで、 そんなことを言ってくれる人がいるのかという 少し嬉しい気持ちというか この人の発想は、自分が蓋をしていた部分をくすぶられる。 今回もテーマは近いと思う。 でもラストに向かって、吐き気がした。 なんかしっくりこなかったからかもしれない。 宇宙人を貫くなら、地球星人の決めた禁忌を あえて

© 2021atsuko-ishida all rights reserved.