検索

地球星人

村田沙耶香さんの「地球星人」読了。



コンビニ人間、消滅世界、殺人出産。

いつも、共感とも違う

でも

心のどこかで、

そんなことを言ってくれる人がいるのかという

少し嬉しい気持ちというか

この人の発想は、自分が蓋をしていた部分をくすぶられる。

今回もテーマは近いと思う。

でもラストに向かって、吐き気がした。

なんかしっくりこなかったからかもしれない。

宇宙人を貫くなら、地球星人の決めた禁忌を

あえてする必要はないような気がした。

地球星人に囚われてしまっていることから

解き放たれて欲しかった。


あと、齧るとかいうのが

今の自分には、常に痛みがあるので

そこまで疼いてくるようで

ちょっとダメだった。

この小説について誰かと話したい。


それに今の私は

一日置きの涙の通院。

ストレスマックスなので

よりによって

これを読むのはまずかったかもしれない。


これはインスタにも書いたが

夢の中で自分は凶暴化している。

隣で寝ている夫は私の寝言で目が覚めかけていたら

右ストレートが3発、布団の上から打ち込まれたらしい。

私も動いた自分にびっくりして、起きた。

夫は呆気にとられた顔をして、こちらを見ていた。

私はあの顔が忘れられないし、びっくりしすぎて笑いが出た。

俊敏だったらしい。

思い出しても、おかしい。


普段、プロレスとかも野蛮だと思っている。

(偏見で申し訳ないけど)

それで、殴る姿勢なんか一度もしたことないのに。

運動部に一度も所属したことがないくらい

体を動かすことに縁がないのに。

心の奥底というのは計り知れない。

寝言もここには書けないが、やばかった。


よくこの人は、こんな危険なところで

安眠できるなと感心する。





16回の閲覧

最新記事

すべて表示

すばらしき世界

西川美和監督の「すばらしき世界」を観る。 久しぶりの映画館。 じわっ〜と余韻が鳴り続ける。 実在した男の人の人生。 人生の半分を刑務所で過ごした人が いい歳になって 出所後に社会ではみ出さないように もがいている様子が、 切なく、あたたかく、痛くて、重い いろんな感情がどわーっとなった。 その人を支えようとしたというか 本当に向き合おうとした人たちがいてくれたことが 本当に良かった。 その中で男に

2月半ばになりました

傷が開いて二週間。 原因はおそらく 腹膜を縫った一ヶ月くらいで溶ける糸の 最後のコブとそのぴょんと出た2本の糸の先に 反応してくっつかないのだろうと。 それで、先週、少し肉が上がってきて コブを切ると言っている えー麻酔なしで、いま!と思うや否や 先生が糸しか切りませんから、と二回言った。 看護婦さんが肩に手を置く。 傷口担当の看護婦さんと先生、 3回くらいぶちっといった。 肉も切ったんじゃないか

傷が開く

最悪。 先週、テープの交換がまずかったのか、 傷が開いて血と混ざった汁がではじめた。 病院に電話すると すぐ来るようにと。 いつの間にか車を運転できていた。 実は、いつ車に乗りはじめても良いのか、ちょっと怖かったのに 案外、なんともなかった。 それはよかったが 米粒くらい開いていると。 それで洗ったりして、また明後日行くことに。 すると、その日は傷口専門のエキスパートという看護師さんがいて 膿がな

© 2021atsuko-ishida all rights reserved.