検索

傷が開く

最悪。

先週、テープの交換がまずかったのか、

傷が開いて血と混ざった汁がではじめた。

病院に電話すると

すぐ来るようにと。


いつの間にか車を運転できていた。

実は、いつ車に乗りはじめても良いのか、ちょっと怖かったのに

案外、なんともなかった。


それはよかったが

米粒くらい開いていると。

それで洗ったりして、また明後日行くことに。

すると、その日は傷口専門のエキスパートという看護師さんがいて

膿がないか絞ったり、細胞とったり、研修医はいるわ

とにかく、術後は麻酔があるし気づかなかったけど

今までで一番痛かった。

あの看護師さんはドSだと思う。

傷口を写真に撮ったのを見るかと、

なんかニヤニヤしているっていうか

私にだけ、そう見えたのか。

そしたら米粒よりピーナッツくらいに開いているようだった。

そこになんか菌が増えないようにするシートを詰める。

家でできるか?とその人がニコニコ言う。

私は寝た状態でめまいがしそうなくらいなのに

絶対無理、病院に来させてくれと言った。

それでほんとドSだとまた思った。

げんなり。

めっちゃ消耗した。

体が硬直して耐えたので、ギコギコしながら帰った。


翌日私は誕生日で

少し前に、夫から何か欲しいものはと聞かれたが

「健康」と言いそうになり、それは飲み込んで

もらえる物はもらっとこうと、一旦考えとくということにした。

とにかく、健康に勝るものはない。


でも、カモメのバァバァに行ったら、

面白い展示で陶器に牛との顔とキリンを買ってもらった。

手術記念のお守りとして。

お守りが増えていく。



35回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトリエの移転

前回引っ越しについて書いたが、 やっと今月より引っ越し先の内装を少しいじり始めるところまできた。 ずいぶん昔から、 もしかしたら20代なのかな、から知っている中井さんにお願いした。 若い時から知っている人とは、ずいぶん長い間会っていなくても すっと昔の時間に戻れるというのは不思議である。 中井さんはどう思っているのか、わからないけれど 私にはとても落ち着く心地というか、緊張しないので助かる。 10

変化の年

ここ最近忙しくて なんだか目が回る。 それが、家の引越しとアトリエの引越しをしなくてはいけなくなった。 家が先に決定し、アトリエはその流れから。 物件探ししたり、家の中を物色してメルカリしたり、ゴミを出しまくっている。 この家に住んで7年。そんものなのに、 なんだこれは、いらないじゃんというものがめちゃくちゃある。 ミニマリストにはなれないけれど、これからは買い物するときこれは何年も使うのか、 吟

飲みたくないものを飲むことについて

昨日大腸カメラの検査を始めてした。 手術からの流れで腸の検査があったので 嫌な気分とこれで検査とか終了するのでスッキリする気分の半々。 前日からエニマクリン食というおかゆとかスープの三食指定されたものを食べる。 しかし、夕方どうにもお腹が空いて ヨーグルトを食べてしまった、 食べてしまった後で乳製品はダメと書いてある。。 頭悪い人みたいじゃないか。どうしようと思いながら病院。 看護婦さんに伝えると