検索

退院して4日目

なんか、途中はインスタの方に書いてしまったので、

だいぶんすっとんでしまいますが、

9泊10日で退院できました。

なんだか、貴重な体験。

入院して後半は家に帰りたい気持ちもあり、

なんか動けそうと思っていたけど

帰ってみると、病院の上げ膳下げ膳、先生や看護婦さんの

優しさとか身にしみて、ありがたいと思う。

そして、なんだか家に帰ると

病院では平気に思えたはずの痛みにも敏感になったり

くしゃみとか笑ったりで傷口が裂けるんではないかと焦ったり

気弱になっている。

すぐそこに頼れる人がいるというのは

すごく心強かったんんだと。

そして、

一番大変なのは、腸の機嫌である。

モルヒネで一時的に止まっていた

腸が初めて動いた時は悶絶だった。

先生に腸が暴れると訴えた。

とにかく腸が波打っているみたいで脂汗が出て

排便が怖くなるくらい。

でも便秘はさらによくないらしく

内臓の癒着や腸閉塞など恐ろしいことを聞くので

脂汗が出ても排出しなければならない。

少し薬をもらって

それから日に日にその波が小さくなったが

なんだか痙攣しているような感じがしていて

この腸の機嫌というか、それが術後の大変な一つである。

もう一つはやっぱり傷口がつることと、じくじくした痛み

全くないはずはないけど、くすりを飲むかどうかくらいの痛みが漫然とある。

でも手術して二週間、そりゃ痛くないわけないわ、と開き直ってみたり。

辛くなったり。


入院中、先生にわたしから取り出したものを見せてくださいというと

「ご主人には見せたよ、聞いてない?」と言う。

夫は何も言ってなかったので、聞いてみると、

現物はグロかったようで、言わないほうがいいと思ったみたい。

手術室に入る直前、「〇〇さんから荷物来たけど、」とか言って

それ、今言うかとキレそうだったが

そんな、看護婦さんに失笑される空気読めない人が

報告を躊躇うほどだった。

わたしも先生のパソコンで見るから

サイズ感は乏しいがとにかく、歯でもあればエイリアンみたいだった。

なので、エイリアンを取り出してもらって

スッキリではある。









48回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトリエの移転

前回引っ越しについて書いたが、 やっと今月より引っ越し先の内装を少しいじり始めるところまできた。 ずいぶん昔から、 もしかしたら20代なのかな、から知っている中井さんにお願いした。 若い時から知っている人とは、ずいぶん長い間会っていなくても すっと昔の時間に戻れるというのは不思議である。 中井さんはどう思っているのか、わからないけれど 私にはとても落ち着く心地というか、緊張しないので助かる。 10

変化の年

ここ最近忙しくて なんだか目が回る。 それが、家の引越しとアトリエの引越しをしなくてはいけなくなった。 家が先に決定し、アトリエはその流れから。 物件探ししたり、家の中を物色してメルカリしたり、ゴミを出しまくっている。 この家に住んで7年。そんものなのに、 なんだこれは、いらないじゃんというものがめちゃくちゃある。 ミニマリストにはなれないけれど、これからは買い物するときこれは何年も使うのか、 吟

飲みたくないものを飲むことについて

昨日大腸カメラの検査を始めてした。 手術からの流れで腸の検査があったので 嫌な気分とこれで検査とか終了するのでスッキリする気分の半々。 前日からエニマクリン食というおかゆとかスープの三食指定されたものを食べる。 しかし、夕方どうにもお腹が空いて ヨーグルトを食べてしまった、 食べてしまった後で乳製品はダメと書いてある。。 頭悪い人みたいじゃないか。どうしようと思いながら病院。 看護婦さんに伝えると