検索

すばらしき世界

西川美和監督の「すばらしき世界」を観る。

久しぶりの映画館。

じわっ〜と余韻が鳴り続ける。

実在した男の人の人生。


人生の半分を刑務所で過ごした人が

いい歳になって

出所後に社会ではみ出さないように

もがいている様子が、

切なく、あたたかく、痛くて、重い

いろんな感情がどわーっとなった。

その人を支えようとしたというか

本当に向き合おうとした人たちがいてくれたことが

本当に良かった。

その中で男に声をかける場面で

もっとみんないい加減で生きてるのよって。

100パーじゃなくていいのっていうようなことを

言ってて、

そうなんだよなと思った。


100パーの正義感も暴力で発動すると

それはまた犯罪になってしまう。

でも見て見ぬ振りするのは捕まりはしないが

少しづつ何かを諦めていくというか

自分を守っているようで何かを失ってる。


本当にその男の人は心根は良い人だった。

だから、もう少しでいいから幸せな時間が続いてほしかった。


刑務所に入ることをレールを踏み外すというなら

レールを踏み外さずに生きてる人も

辛いんだというような内容の話があった。

今の世の中は生きづらい。


でも昔もそうだったかもしれない。

いつまでも答えもなく、唸ってしまう。











20回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトリエの移転

前回引っ越しについて書いたが、 やっと今月より引っ越し先の内装を少しいじり始めるところまできた。 ずいぶん昔から、 もしかしたら20代なのかな、から知っている中井さんにお願いした。 若い時から知っている人とは、ずいぶん長い間会っていなくても すっと昔の時間に戻れるというのは不思議である。 中井さんはどう思っているのか、わからないけれど 私にはとても落ち着く心地というか、緊張しないので助かる。 10

変化の年

ここ最近忙しくて なんだか目が回る。 それが、家の引越しとアトリエの引越しをしなくてはいけなくなった。 家が先に決定し、アトリエはその流れから。 物件探ししたり、家の中を物色してメルカリしたり、ゴミを出しまくっている。 この家に住んで7年。そんものなのに、 なんだこれは、いらないじゃんというものがめちゃくちゃある。 ミニマリストにはなれないけれど、これからは買い物するときこれは何年も使うのか、 吟

飲みたくないものを飲むことについて

昨日大腸カメラの検査を始めてした。 手術からの流れで腸の検査があったので 嫌な気分とこれで検査とか終了するのでスッキリする気分の半々。 前日からエニマクリン食というおかゆとかスープの三食指定されたものを食べる。 しかし、夕方どうにもお腹が空いて ヨーグルトを食べてしまった、 食べてしまった後で乳製品はダメと書いてある。。 頭悪い人みたいじゃないか。どうしようと思いながら病院。 看護婦さんに伝えると