検索

すばらしき世界

西川美和監督の「すばらしき世界」を観る。

久しぶりの映画館。

じわっ〜と余韻が鳴り続ける。

実在した男の人の人生。


人生の半分を刑務所で過ごした人が

いい歳になって

出所後に社会ではみ出さないように

もがいている様子が、

切なく、あたたかく、痛くて、重い

いろんな感情がどわーっとなった。

その人を支えようとしたというか

本当に向き合おうとした人たちがいてくれたことが

本当に良かった。

その中で男に声をかける場面で

もっとみんないい加減で生きてるのよって。

100パーじゃなくていいのっていうようなことを

言ってて、

そうなんだよなと思った。


100パーの正義感も暴力で発動すると

それはまた犯罪になってしまう。

でも見て見ぬ振りするのは捕まりはしないが

少しづつ何かを諦めていくというか

自分を守っているようで何かを失ってる。


本当にその男の人は心根は良い人だった。

だから、もう少しでいいから幸せな時間が続いてほしかった。


刑務所に入ることをレールを踏み外すというなら

レールを踏み外さずに生きてる人も

辛いんだというような内容の話があった。

今の世の中は生きづらい。


でも昔もそうだったかもしれない。

いつまでも答えもなく、唸ってしまう。











17回の閲覧

最新記事

すべて表示

飲みたくないものを飲むことについて

昨日大腸カメラの検査を始めてした。 手術からの流れで腸の検査があったので 嫌な気分とこれで検査とか終了するのでスッキリする気分の半々。 前日からエニマクリン食というおかゆとかスープの三食指定されたものを食べる。 しかし、夕方どうにもお腹が空いて ヨーグルトを食べてしまった、 食べてしまった後で乳製品はダメと書いてある。。 頭悪い人みたいじゃないか。どうしようと思いながら病院。 看護婦さんに伝えると

コトリンゴさん

3月26日ルーテル教会 ライブをお手伝いする活動=アスメモが一年以上ぶりに 再開しました。それで第一弾がコトリンゴさん! 教会の四人がけの長椅子に一人座ってもらうという 広々のコロナ対策で久々にピアノの生演奏を聴くことができました。 やっぱり、ライブはいいなぁ。 久しぶりに楽しかったことを思い出した。 イベントを作るカウアンドマウスは今本当に大変で イベントするだけ赤なのかもしれない。 だけど、こ

3月に入ってから 病院通いが一件増えた。 歯医者さんだ。 なんか、最近ずっと奥歯が痛くて 目ではわからないけど虫歯があるのだろうと思っていた。 そもそも歯医者さんが嫌いで 20年ぶりに行ってみた。 すると、わたしが痛みを感じていたところは 歯ぎしりや食いしばりで歯が欠けてて 歯茎も炎症があるとのこと。 だけどその位置以外に虫歯もちらほらあるという。 きっと二月の傷の処置が痛すぎて 噛み締めすぎてい

© 2021atsuko-ishida all rights reserved.