検索

いろいろ準備

わたしはもうちょっとで入院する。

そんな深刻なものではないが、

そのため先日、自己血というのを取りに行った。

手術で万が一のために輸血用の血をとっておくらしい。

あらかじめ、ふらふらになる人もいるので、自分で運転してこないようにと。


それで、わたしは「血液銀行」というのを思い出す。

すごい字面。昔の人はあっさりしている。

今だったらなんやかんやいう人が絶対いると思う。


去年くらいにNHKのドラマであった山田孝之主演の

オリンピック建設現場で作業している人が

昔の東京オリンピック建設現場にタイムスリップする話。

そこでは、戦後間もない東京はまだ貧困と成長がおり混ざった時期で

みんなオリンピックを心待ちにするというよりその日の生活にいっぱいという感じだった。

今と同じ。状況は違うが、やりたい人は今も昔も同じである。

そこで、貧しい人は自分の血液をその血液銀行で売っていた。

売った人が家でふらふらになって寝ていて、そのうち死んでしまったかはうる覚えだけど

そんな銀行があったことに衝撃を受けた。

それで、自分のためではあるが血液をそういう感じで抜くという、

ふらふらになるという言葉に

「血液銀行」がちらつく。


なんだか憂鬱だったけど、血を抜くのは簡単だった。

それより、補液を点滴する針が入らなくて、とにかくいい血管が見つからないらしく

看護婦さんが二人変わって、ごめんねという、

そしてわたしもいい血管がなくてすいませんという。そこが一番手こずった。

右手から血を抜かれ、左手から補わられるという面白い構図。


そして、入院の準備はちょっと旅行に似ている。

持っていくリストを書いている。

今回はコロナのために売店が閉まっているらしい。

そしてもちろん面会もない。

本を二冊入れといた。





88回の閲覧

最新記事

すべて表示

すばらしき世界

西川美和監督の「すばらしき世界」を観る。 久しぶりの映画館。 じわっ〜と余韻が鳴り続ける。 実在した男の人の人生。 人生の半分を刑務所で過ごした人が いい歳になって 出所後に社会ではみ出さないように もがいている様子が、 切なく、あたたかく、痛くて、重い いろんな感情がどわーっとなった。 その人を支えようとしたというか 本当に向き合おうとした人たちがいてくれたことが 本当に良かった。 その中で男に

2月半ばになりました

傷が開いて二週間。 原因はおそらく 腹膜を縫った一ヶ月くらいで溶ける糸の 最後のコブとそのぴょんと出た2本の糸の先に 反応してくっつかないのだろうと。 それで、先週、少し肉が上がってきて コブを切ると言っている えー麻酔なしで、いま!と思うや否や 先生が糸しか切りませんから、と二回言った。 看護婦さんが肩に手を置く。 傷口担当の看護婦さんと先生、 3回くらいぶちっといった。 肉も切ったんじゃないか

地球星人

村田沙耶香さんの「地球星人」読了。 コンビニ人間、消滅世界、殺人出産。 いつも、共感とも違う でも 心のどこかで、 そんなことを言ってくれる人がいるのかという 少し嬉しい気持ちというか この人の発想は、自分が蓋をしていた部分をくすぶられる。 今回もテーマは近いと思う。 でもラストに向かって、吐き気がした。 なんかしっくりこなかったからかもしれない。 宇宙人を貫くなら、地球星人の決めた禁忌を あえて

© 2021atsuko-ishida all rights reserved.