検索

いろいろ準備

わたしはもうちょっとで入院する。

そんな深刻なものではないが、

そのため先日、自己血というのを取りに行った。

手術で万が一のために輸血用の血をとっておくらしい。

あらかじめ、ふらふらになる人もいるので、自分で運転してこないようにと。


それで、わたしは「血液銀行」というのを思い出す。

すごい字面。昔の人はあっさりしている。

今だったらなんやかんやいう人が絶対いると思う。


去年くらいにNHKのドラマであった山田孝之主演の

オリンピック建設現場で作業している人が

昔の東京オリンピック建設現場にタイムスリップする話。

そこでは、戦後間もない東京はまだ貧困と成長がおり混ざった時期で

みんなオリンピックを心待ちにするというよりその日の生活にいっぱいという感じだった。

今と同じ。状況は違うが、やりたい人は今も昔も同じである。

そこで、貧しい人は自分の血液をその血液銀行で売っていた。

売った人が家でふらふらになって寝ていて、そのうち死んでしまったかはうる覚えだけど

そんな銀行があったことに衝撃を受けた。

それで、自分のためではあるが血液をそういう感じで抜くという、

ふらふらになるという言葉に

「血液銀行」がちらつく。


なんだか憂鬱だったけど、血を抜くのは簡単だった。

それより、補液を点滴する針が入らなくて、とにかくいい血管が見つからないらしく

看護婦さんが二人変わって、ごめんねという、

そしてわたしもいい血管がなくてすいませんという。そこが一番手こずった。

右手から血を抜かれ、左手から補わられるという面白い構図。


そして、入院の準備はちょっと旅行に似ている。

持っていくリストを書いている。

今回はコロナのために売店が閉まっているらしい。

そしてもちろん面会もない。

本を二冊入れといた。





98回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトリエの移転

前回引っ越しについて書いたが、 やっと今月より引っ越し先の内装を少しいじり始めるところまできた。 ずいぶん昔から、 もしかしたら20代なのかな、から知っている中井さんにお願いした。 若い時から知っている人とは、ずいぶん長い間会っていなくても すっと昔の時間に戻れるというのは不思議である。 中井さんはどう思っているのか、わからないけれど 私にはとても落ち着く心地というか、緊張しないので助かる。 10

変化の年

ここ最近忙しくて なんだか目が回る。 それが、家の引越しとアトリエの引越しをしなくてはいけなくなった。 家が先に決定し、アトリエはその流れから。 物件探ししたり、家の中を物色してメルカリしたり、ゴミを出しまくっている。 この家に住んで7年。そんものなのに、 なんだこれは、いらないじゃんというものがめちゃくちゃある。 ミニマリストにはなれないけれど、これからは買い物するときこれは何年も使うのか、 吟

飲みたくないものを飲むことについて

昨日大腸カメラの検査を始めてした。 手術からの流れで腸の検査があったので 嫌な気分とこれで検査とか終了するのでスッキリする気分の半々。 前日からエニマクリン食というおかゆとかスープの三食指定されたものを食べる。 しかし、夕方どうにもお腹が空いて ヨーグルトを食べてしまった、 食べてしまった後で乳製品はダメと書いてある。。 頭悪い人みたいじゃないか。どうしようと思いながら病院。 看護婦さんに伝えると